前へ
次へ

お肌の悩みをチークで解決してみよう

年齢とともに多くなってくるお肌の悩みをメイクで解決していくことがありますが、チークにもその役割があるんですよ。たとえば、顔の下側のたるみが気になってきたなと感じたら、目の下から指1本分よりもやや下めを意識して入れていくと効果的でしょう。上めにチークを入れてしまうと頬の下側がどうしても間延びして見えて、よりたるみを強調してしまいます。また、チークは楕円形を意識して、ほんの少しだけ斜めに肌をリフトアップするように入れていくようにします。ここでは、肌なじみのいいハーフマットの練りチークを使うといいでしょう。また、シェーディングの効果もあるチークは、頬骨の下のくぼみにまでのせてしまうと、そのくぼみの影をより強調してしまうことになるので気をつけましょう。そのため、チークを外側に広げていくときには、頬骨下のくぼみにかからないように眉尻よりも内側に収めるように意識するようにします。外側のラインを丸くすることで、表情もやわらかくなるでしょう。そして、練りチークで仕上げたものは、よりナチュラルで素肌っぽい印象に仕上がります。そのため、ちょっとした食事会やパーティに参加するときには、練りチークの上からパウダーチークを重ねると、ふんわりときめ細やかな上質感のある肌になりますよ。メイク感がほどよく仕上がり、きれいめな肌によく似合う印象になるでしょう。

Page Top