前へ
次へ

挫折を防ぐためにも糖質制限は一工夫して

インスリンの分泌を抑えて血糖値を安定させることは、健康美を目指すうえで大事なことです。そのためには一食あたりの糖質量を20gから40gに抑えましょう。ところが美味しいものには糖質がたっぷりと含まれているうえ、外食なら選択肢も極端に狭くなります。定食のゴハンを半分にしたり、コンビニのおにぎりやサラダ、糖質オフメニューを買うなど食事がストレスになり心が折れてしまいがちです。それならいっそ自炊にすればよく、コツさえつかめばちょっとの工夫で食べたいものが食べられます。糖質を一食40g以下に抑えるコツは、炭水化物の量を減らしてほかの食材で代用することです。ただし、糖質を制限しすぎると血糖値の上昇を防ぎ、脂肪を体外に排出してくれる食物繊維が圧倒的に不足してしまいます。そのため、糖質を減らした分、野菜やキノコで食物繊維を増やし、歯ごたえのあるものをチョイスすれば満足感も得られるでしょう。また、万能食材のお酢はさまざまな効果がありますが、酢は消化酵素の働きを弱めたり、食べ物を胃から小腸に送り出す時間を遅らせる効果があります。つまり、ゆっくりと消化されるので急上昇を防ぐことが可能です。お肉を焼く前に漬け込んでおけば、AGF値を下げてくれるので、天然の醸造酢に漬け込んでおくといいでしょう。

華の会メールは中高年の出会いをサポートしています

不要な銅線はございませんか?
回収業者のカシマが高く買取いたします

検知ビンの動作を電気的に検出
進行方式のグリース潤滑システムをお使いください

電動間欠吐出型ギアーポンプ
簡単に使用できるオイル潤滑システムです

Page Top